いま、ローカル懸賞がおもしろい

いま、ローカル懸賞がおもしろい

いま、ローカル懸賞がおもしろい

全国を対象とした広範囲の懸賞に対して、地元密着型のローカル懸賞というのもある。限られた地域を対象にしているので、目立たないが、そのぶん当選の確率は高くなる。

ローカル懸賞の魅力は当選率の高さだけではない。地元でとれた特産品、また地域性を活かした地元ならではのレアな産物が懸賞の賞品となっていることが多いのだ。そのため、地域ごとのローカル懸賞だけをくまなく吟味して、これらに応募している人もたくさんいる。

そうした地域ごとのローカル懸賞の募集情報は、今では自宅のパソコンからインターネットでも簡単に知ることができるので便利になった。

だから、パソコンを通じて手当たりしだいにローカル懸賞に応募するのもいいだろう。そして、ここではあえてもう一つの情報媒体に注目したいと思う。それは地元発のタウン情報誌である。

地元で発行された、地元密着型のタウン誌やフリーペーパーなどには、もっと濃い、レアな(ある意味マイナーな)賞品を対象とした懸賞応募のページが設けられていることも多く、そこに魅力があるのだ。

その懸賞案内のページに応募券があることも、また応募用のハガキがついていることもあるだろう。

だから、そうしたレアな懸賞情報を載せている、地元発行のタウン情報誌は何としても手に入れたいところ。ネットを通じて取り寄せられるものならそれもいいかもしれない。ここはあくまで、ネット応募にはない、ナマの地元ローカル懸賞情報にこだわっての話である。

もうひとつ、ナマのローカル懸賞の情報源といえば、地方のテレビ局やラジオ局。それこそローカル局による放送番組やCMを通じて、何かの宣伝コーナーなどで直接に応募するものだ。

こちらも、豪華な賞品というよりは、むしろその地域に根ざしたレアな商品が多いようだが、スポンサー企業の広告も兼ねていることが多いので、当たる確率もそれなりに高いと思われる。しかし、こちらはその地元にいなければ、ナマのリアルタイムのローカル番組を見たり聞いたりすることはできない。

そこで、まずは自分が今いるところ、そこのローカル局の懸賞情報をチェックしてみることはできるだろう。

同様に、まずは自分の足元、それこそ地元のタウン誌やフリーペーパーからチェックしてみるのもよい。ほかにローカル懸賞情報の発信源として重視したいものに、地域に限定された地元新聞社や、地域にねざしたスーパーマーケットなどがある。

そうしたローカル懸賞の賞品には、それこそ地元でとれた農作物や魚介類などレアな食品から日常家庭用雑貨、はたまた地元の温泉宿泊券や娯楽施設ご招待券など、小規模ながらそれなりに幅が広い。地元の特産品を扱ったものでは、場所や季節に応じた違いもまた魅力的。地域産業の地元ならではの特色などもより色濃く出てくるのである。

忘れてはならないのは、そうしたローカル懸賞の場合は、応募に際して期待されているアンケートなどにはしっかりと応えたいもの。募集側の懸賞企画の狙いはそれが広告手段の一つであるとともに、地元の声を広く集めるためのアンケート調査でもあるわけだ。

また、これによって懸賞に応募する者は、懸賞募集の会社や新聞社、また商店街などと地域的な結びつきが強まり、ひいては懸賞企画そのものに参加することにもなるのである。

「懸賞当選の極意」

一、ローカル懸賞を吟味(まずは足元から固めろ!)
二、「地参地賞」「地産地賞」の意識をもて!
三、アンケート記入は自分も懸賞企画に参加するつもりで真剣に!

地域で生産された作物を地域で消費することを「地産地消」というが、この場合は「地元ローカル懸賞企画に参加しつつ、地元特産品の懸賞に応募」という意味で「地参地賞」とも、あるいは「地元特産品を地元懸賞でゲット」の略で「地産地賞」などと、4文字熟語にまとめることもできよう。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional