企業が望むキャッチフレーズとは

企業が望むキャッチフレーズとは

企業が望むキャッチフレーズとは

今回も前回に引き続き、「標語懸賞」について取り上げよう。

標語はありとあらゆる商品に、またどんなイベントでも、どんな事業活動でも、それをダイレクトにわかりやすく伝えるためには欠かせない宣伝手段にもなりうる。この中で、商品に対する標語というのは、別の言葉でいえば「キャッチフレーズ」ということになる。

たとえば、テレビ番組のスポンサー企業にとっては、番組の合間に流れる短いCMの間に、それこそ的確に自社商品の「一番の売り」になる部分を短い言葉、すなわちキャッチフレーズとして、どれだけ効果的に視聴者の耳に残すことができるかが勝負どころともなる。

だから、商品のイメージをアップさせる良いキャッチフレーズ(あるいは、キャッチコピーといってもよい)を企業はいつも考えている。新しい商品が開発されるのにあわせて、それに合った良いキャッチフレーズを考えることにも労と時間を惜しまない。

プロのコピーライターに良いキャッチを考えてもらうこともある。あるいは自社商品の愛用者をはじめ、広く一般からもこうしたキャッチを募集することもあるだろう。

そこで、ここでは企業から採用されやすいと思われる商品標語、つまりキャッチフレーズを考えてみることにしよう。これは前に「ネーミング懸賞」のところで述べたこととも多く共通するが、記憶に残りやすい良い「キャッチフレーズ」というのも、やはり語呂がよく、リズム感があるということだ。

思わず口ずさんでしまうような、まさに商品の魅力をキャッチさせられる、そんなコピーが最高。とくに、キャッチを初めて目にしたとき、耳にしたとき、その文字なり音(サウンド)が記憶に残りやすいということは大きなポイントになるだろう。

以上はあくまで理想のものである。だが、実際に過去にヒットした商品のキャッチをみても、やはりここで述べた「キャッチの理想」と少なからず合致しているのである。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional