大物狙いの懸賞ゲッターを目指せ

大物狙いの懸賞ゲッターを目指せ

大物狙いの懸賞ゲッターを目指せ

懸賞生活を楽しんでいる人は意外と多い。それも懸賞の質にはこだわらず、ただ純粋に当選する可能性を期待して楽しんでいる人たちだ。

その心理はどこか、釣りを楽しむ気持ちと共通するものがあるのかもしれない。すなわち、「ここなら釣れそう」と思える場所に糸を垂らすのと同じで、「これなら当たりそう」と思えるものから、片っ端に懸賞応募していくのが、彼ら“懸賞ゲッター”の流儀なのではないだろうか。

そうだとすれば、「応募すればもれなくもらえる」式のキャンペーン型の募集に彼らはあまり興味を示さないのは当然。「自分がねらいを定めた場所で、みごとに釣れた、たくさん獲れた」といった、そのときの感触がたまらないのだ。

しかし、釣りやすい雑魚ばかりを獲っていてもそのうちには飽きがくる。やがては、大物をねらいたくなるもの。こうして、ふつうのマニア的な懸賞ゲッターたちの中から、いつしか“大物ねらいの懸賞ゲッター”たちが登場することになるのだろう。

実際、豪華海外旅行や高級車といった、高額の懸賞当選を何度も果たしてきたと豪語する、すご腕の“高額”懸賞ゲッターたちも存在する。高額当選の歴史は彼らの勲章ともいうべきものだ。

そんな彼らからは、さらなる大海原により大物の獲物を仕留めるべく、荒波の中を突き進む熟練の漁師にも似た、気迫と執念すら感じることができよう。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional