過去の当選標語から研究する

過去の当選標語から研究する

過去の当選標語から研究する

ネーミングや川柳を募集するのが企業に目立つのに対して、この標語の募集のほうは、どちらかというと社団法人○○協会とか地方公共団体といった、一定の事業目的をもった法人や団体に多いように思われる。

そうした一定の事業目的を一般の人に広く知ってもらうためにも、標語の募集はよい手段なのだろう。

また、国の各省庁のホームページ上でも、たとえば「○○推進月間」として、国民にそれを広く知らしめるための標語を募集していたりもする。

以前取り上げた「川柳懸賞」では、ユニークで面白味のあるもの、聞いたとき思わず吹き出してしまうもの、あるいは含蓄のあるものなどが募集企業側から望まれる傾向にあると述べた。

それに対して、こうした官公庁などが募集する「標語懸賞」では、どちらかというと、もっと真面目な、つまり教科書の中で採用されてもおかしくないような標語が望まれる傾向にあることが窺える。

もちろん、一概にこうとは言えないのであるが、いちばんよいのは、サイトに記載されている募集要項、とくに「どんな標語のイメージを求めているか」をサイト上の字面からよく研究することである。

募集サイトによっては、過去に当選した同じテーマの標語を年度ごとに載せていることもあるので、その場合はそうした過去の当選標語を参考にするとよい。

今回の「懸賞当選の極意」:「過去の当選作品から当選の傾向を学びとれ」

つまり、こうした標語懸賞の応募に際しては、過去の当選標語から、当選の傾向と対策を研究するのも一手なのである。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional